おすすめの銀行キャッシング

おすすめ銀行キャッシングの紹介

キャッシングの中でも最近支持を集めていた銀行キャッシング(銀行が発行するカードローン)、消費者金融のキャッシングに比べて低金利、かつ、これまで総量規制外で年収の3分の1以上でお金を借りることができるキャッシングとして利用者を急激に増やしていましたが。今では総量規制の対象のとなっています。

 

消費者金融とは違い、限度額に応じて実質年率が決まっているので申込前におおよその返済計画を立てた上で利用できるというのも人気のポイントだとおもいます。銀行の運営するキャッシングですが申込する銀行によっては即日審査の回答も可能。安心感から普段、利用している銀行のカードローンを選ぶ方も増えてきているといえます。

 

ただ、最近は利用者があまりに増えており、管理体制が消費者金融よりもずさんな事から、国からの指導を受けている事が、度々新聞やネットニュースでとりあげられており、これまで以上に厳しい基準で審査が行われる事が決まっていて、手軽に利用できるといったカードローンのいい部分は消えつつあるのが現状です。

銀行カードローンに関するニュース

 

と、最近ではあまりいいニュースのない銀行キャッシングですが、普段利用している銀行から無担保、無保証人でお金を借りる事ができるのは、初めて金融機関からお金を借りる方からすると安心感や返済の際の不安が緩和できるといった、メリットは健在の為、自分のステータスに自身がある方にはおすすめのキャッシングであることは間違いありません。

おすすめキャッシング-銀行キャッシング一覧

イオンの系列のスーパーの使い勝手がいいイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン イオン銀行の運営するキャッシングです。実質年率3.8〜13.8%。若干発行までの手続きに時間が必要で審査がとても厳しいことで口コミサイトでも有名なカードローン、審査が厳しいというのは厳格にしっかりと利用者の安全を考えて運用されているということなのでこれからのこれからの国の方針をしっかり厳守したカードローンといえます。
イオン銀行カードローンの詳細
限度額 実質年率
最大800万円 3.8%〜13.8%
イオン銀行カードローン実質年率の一覧
10万〜90万円

13.8

100万〜200万円

年8.8%

300万円

年7.8%

400万〜600万円

年4.8%

700万〜800万円

年3.8%

-

TVCMでもおなじみ新生銀行カードローンのレイク

新生銀行カードローン レイク

TVCMでおなじみの新生銀行カードローン レイク、初めての利用の方はうれしい、選べる2つの無利息サービスが準備されています。平日14時までに申込と必要書類の確認完了で即日振込み可能です。

 

新生銀行カードローンの詳細

限度額 実質年率 審査時間
1万〜500万円 4.5%〜18.0% 申込み完了画面に表示

 

新生銀行の実質年率の一覧

100万円未満

年15.0〜18.0%

100万1円〜200万円未満

年12.0〜15.0%

200万1円〜300万円未満

年9.0〜15.0%

300万1円〜400万円未満

年7.0%

400万1円〜500万円

年4.5%

-

オリックス銀行カードローンは限度額たっぷり!

オリックス銀行カードローン
おまとめや借り換えに向いてるカードローンではないでしょうか?オリックス銀行はネット銀行の為店舗はありませんが全国に95,000台以上(2016年5月末現在)の提携ATMがあります。提携ATMの利用手数料は借入も返済も終日無料!ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方はATMに来店しなくてもキャッシングすることが出来ます!

 

オリックス銀行カードローン詳細

限度額 実質年率 審査時間
最高800万円 1.7%〜17.8% 最短即日

 

【オリックス銀行カードローン】実質年率の一覧

100万円未満

年12.0〜17.8%

100万〜150万円

年6.0〜14.8%

150万〜200万円

年5.0〜12.8%

200万〜300万円

年5.0〜12.8%

500万〜700万円

年3.5〜5.8%

700万〜800万円

1.7〜4.8%

銀行のキャッシングの審査が厳しいのは本当!?

お金を借りる方法として、消費者金融や銀行のキャッシングを利用する人は多いです。昔と違い、消費者金融よりも銀行を選ぶ人も増えてきていますが、その理由として低金利というのがあります。

 

しかし、金利が低い分審査も慎重になるので、銀行のキャッシングの審査は厳しくなります。

 

しかし、他のローンと比べた時で考えれば、銀行のキャッシングの審査が厳しいとは限りません。審査基準というのはどのローンでも、通常公開されてはいません。

 

つまり、実際に受けてみないと通るかどうかもわからないですし、結果が出てもその基準を細かく知ることはできません。しかし、他のローンと比較することで、ある程度の傾向は読み取れる可能性があります。

住宅ローンと比べてみる

住宅ローンは特に審査が厳しいと言われています。その理由として、借入金額が大きいというのがあります。

 

単純に金額が大きければ、審査も厳しくなるのは想像がつきますが、特に住宅ローンの場合には、返済期間の長さが問題となります。何十年と安定して返済していくのが前提なので、リストラなどの環境の変化に対するリスクが大きいです。

 

それでも住宅ローンを組めるのは、返済不能になった時の保険として、購入した住宅を担保にしているという点があります。キャッシングは保証人や担保を必要としませんが、金額や返済期間はそれ程長くありません。

 

そのため、保証人や担保がなくても、貸付けのリスクはそれ程高くはありません。金額や毎月の返済額を考えれば、住宅ローンと比べて銀行のキャッシングの審査は厳しいとは言えないでしょう。

教育ローンなどの目的ローンと比べてみる

教育ローンなどの場合には、通常使い道が決まっています。教育ローンなら入学時期に合わせて金額が支給されますし、マイカーローンなら自動車の購入費用に使用されます。

 

目的がはっきりしている目的ローンと違い、キャッシングは繰返し利用が可能です。何度でも使える代わりに、各種ローンと比べて金利は高めに設定されています。

 

その代り、審査においては自由度が高いというメリットもあります。使い道が自由なだけでなく、繰返し利用が可能です。マイカーローンやブライダルローンの場合、目的が限定される代わりに、借入も高額になりがちです。

 

銀行のキャッシングでは高額ではない範囲で限度額が設定され、その範囲内で繰返し利用ができるイメージです。

 

使い道が自由だというと審査が厳しいと思われるかもしれませんが、少額で金利が高いので、かえって審査は通りやすいといえます。

消費者金融のキャッシングと比べてみる

消費者金融も銀行も、キャッシングとしての自由度に差はありません。カード発行後は何度でも繰り返し借入れが可能になりますし、使い道は自由です。

 

ただし、同じキャッシングでも、銀行系のキャッシングと比べれば金利の分審査は厳しい傾向にあるといえます。条件が同じであれば、金利が高い方が審査に有利になるのは当然といえます。

 

銀行のキャッシングの審査が消費者金融よりも厳しい可能性は高いですが、住宅ローンや各種目的別ローンと比べると、緩い傾向にあると想像できます。

銀行のキャッシングの審査落ちのパターンとは

銀行や消費者金融のキャッシングの審査は、それ程厳しくはありません。そして、両者とも、審査に落ちるパターンはある程度決まっています。

 

キャッシング審査で特に重要なのは、信用情報です。現在他社で借入れがある場合や、返済や支払関連で遅れがあった場合、キャッシングの審査に落ちる可能性があります。

 

しかし、お金の返済や支払関連に今まで遅れがなく、一般的な収入を得ているのであれば、銀行のキャッシングであっても審査はそれ程厳しくはありません。

 

一例として、派遣社員やアルバイト、パートでさえ、銀行のキャッシング利用者がいる位です。信用情報に問題があると審査が厳しくなるのは、消費者金融のキャッシングも同じです。

 

注意点としては、借入限度額があります。金利が低い分審査も慎重にならざるを得ない銀行のキャッシングでは、借入限度額が少なめになる場合があります。

 

例えば50万円の限度額を希望したのに、銀行では限度額30万円までというパターンです。収入に見合った限度額であれば、銀行のキャッシングだからといって、審査をそれ程心配する必要はありません。

おすすめのキャッシングのご案内

 

消費者金融に比べると審査の敷居が高いのが銀行の運営する銀行キャッシングです。銀行キャッシングの中には審査を即日で行ってくれてさらに即日カードを発行してくれるキャッシングも登場しています。ですが基本的には銀行キャッシングの審査には1週間程度はかかるものだと思ってもいいかもしれません。即日でも対応可能な代表的な銀行キャッシングが新生銀行や三菱東京UFJ銀行の運営する、キャッシングのレイクやバンクイックです。お急ぎの方には上記の2つのキャッシングがおすすめ。最近、新しくサービスをリニューアルしたI銀行カードローンのキャッシングです。